読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラ校長の広場

ドラえもんが大好きな校長のブログです。

『タイガーマスク運動』って? 覚えていますか?

 12月8日(木)の新聞各紙に、タイガーマスク運動の先駆けとなった男性「伊達直人」さんが、本当の名前や素顔を公表したニュースが掲載されていましたね。また、テレビでもニュースが流れていました。

 12月8日(木) 毎日新聞朝刊

f:id:nanyoko-koutyou:20161209082849j:plain

 河村さんは幼い時に、複雑な家庭環境からランドセルを買ってもらえず、手提げ袋で学校に通ったという経験から、2010年のクリスマスに前橋市児童相談所にランドセル10個を「伊達直人」の名前で届けました。これがきっかけで各地の児童養護施設に贈り物が相次ぐなどし、「タイガーマスク運動」と呼ばれる社会現象にもなりました。

 私は、河村さんが話した「子どもたちは虐待されるためではなく、抱きしめられるために生まれてきた。涙を流すためでなく、周りを笑顔にするために生まれてきた。その思いを胸にこれからも支援活動を続けていきます」という言葉に、教員という仕事に関わる一人として、今一番大切にしたい言葉だと深く心を打たれました。愛情を受けて育った子どもたちは、まわりに笑顔を届けてくれます。その笑顔から愛情が広がっていきます。私は笑顔が戦争をなくし、平和を維持する最大の武器だと思っています。自らが笑顔で子どもたちと接し、笑顔を広げられる限りこの仕事は続けていこうと思っていました。子どもたちと笑顔で接することができなくなった時は、仕事を辞める時だと今でも思っています。偉そうにこんなことを言っていますが、自分の子どもの前ではなかなかできていなかったことです。大きく反省もしています。