読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラ校長の広場

ドラえもんが大好きな校長のブログです。

「世界に一つだけの花」に込めた思い

f:id:nanyoko-koutyou:20170108111412j:plain

 SMAPの解散が話題になってから、「世界に一つだけの花」のCDが再びファンの間で購入されるようになったと聞きます。2003年にシングルリリースされて、200万枚を超える売り上げを誇る曲です。私は、この曲にはすごく思い出に残っているシーンがあります。今日はそれを紹介させてください。

 私が2003年、その当時勤めていた小学校で、教務主任をしていた時のことです。6年生の理科の授業を3クラスでさせてもらっていました。当時の6年生は、元気の良い子どもたちが多かったのですが、授業中も少し元気すぎる傾向がありました。でも、授業を受け持っていて、活発な意見が出てくるので、授業が進めやすかったように思っていました。一人ひとりの子どもたちには、良い点はもちろんありましたし、課題もありました。チームワークが取れているクラスと、少しバランスの悪いクラスもありました。でも、3人の担任と私でチームワークを組んで、教科担任制にも取り組んでいました。4人で6年生を担任しているという共通認識でした。

 夏休み中に、『世界に一つだけの花』の曲を知り、歌詞に感銘を覚えたことを今でも覚えています。

花屋の店先に並んだ
いろんな花を見ていた
ひとそれぞれ好みはあるけどf:id:nanyoko-koutyou:20170108111130j:plain
どれもみんなきれいだね
この中で誰が一番だなんて
争う事もしないで
バケツの中誇らしげに
しゃんと胸を張っている

それなのに僕ら人間は
どうしてこうも比べたがる?
一人一人違うのにその中で
一番になりたがる?

そうさ 僕らは
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かさせることだけに
一生懸命になればいい
困ったように笑いながら
ずっと迷ってる人がいる
頑張って咲いた花はどれも
きれいだから仕方ないね
やっと店から出てきた
その人が抱えていた
色とりどりの花束と
うれしそうな横顔

名前も知らなかったけれど
あの日僕に笑顔をくれた
誰も気づかないような場所で
咲いてた花のように

そうさ 僕らも
世界に一つだけの花
一人一人違う種を持つ
その花を咲かせることだけに
一生懸命になればいい

小さい花や大きな花
一つとして同じものはないから 
NO.1にならなくてもいい
もともと特別なOnly one

 

 2学期を迎えるにあたって、私から6年担任に、子どもたちに花を育てさせようと呼びかけました。先生方は協力をしてくださいました。理科を担当していたので、種まきから植え替えまでを私が指導していきまf:id:nanyoko-koutyou:20170108111511j:plainした。世界に一つだけの自分が種から育てた花を持って、小学校を卒業させようというプロジェクトでした。花はパンジーとしました。種から育てるノウハウは、むかしお世話になった花岡先生という方から教えていただいていました。大柄の先生が小さな苗を一つ一つ植え替えている光景は、今でも私の脳裏に焼き付いています。いっしょにお手伝いをさせていただいたことで、パンジーや、ビオラ、デイジーなど家でも種から育てました。とてもたくさんできるので、近所の方や同僚に配りました。その当時は3年くらい続けていました。

 f:id:nanyoko-koutyou:20170108111451j:plain子どもたちにそのプロジェクトを話して、栽培活動に入りましたが、乗り気でない子もいました。途中で枯れることも想定し、一人で4つくらいの苗を育てました。6年生の教室の前がちょうど屋上になっていて、出入り口もあったのでそこで育てました。小さな苗を一つ一つポットに植え替えていく作業は、とても根気のいる仕事でしたが、上手に植え替えていf:id:nanyoko-koutyou:20170108111527j:plainました。次は水やりなど毎日のお世話です。日番等で順番に水やりをしていくうちに苗が大きく成長してきます。これも忘れないよう、また与えすぎないように世話をしていきました。

 年が明けた頃には株が成長してきますが、まだまだ花芽をつけるところまではいきません。根がしっかりと張ってきますが、ここからがなかなか時間がかかりf:id:nanyoko-koutyou:20170108111550j:plainます。3月の卒業式までに何とか花を咲かせたいと思って計画しましたが、自然はそんなに簡単には言うことを聞いてくれませんね。でも、3月になって花芽が大きくなってきて、何とか卒業式には花が咲き始めたのです。卒業式会場にも飾ることができ、みんな卒業証書といっしょに持ち帰ってくれました。

 あのときにみんなで聞いた「世界に一つだけの花」、ビデオですべての花を映して、みんなで見ました。その卒業生はもう社会人になっています。一人ひとりがきっと輝いていることでしょう。

 私はこの曲をいつまでも忘れません、またこの曲を歌ってくれたSMAPのことも忘れないと思います。      (各写真はネットからお借りしました)

f:id:nanyoko-koutyou:20170108113716j:plain